国木田独歩
とは

茅ヶ崎
について

  

独歩から、茅ヶ崎が見える。
茅ヶ崎から、独歩が見える。

国木田独歩。
名作「武蔵野」を著した
近代文学の開拓者。

38歳の若さで没した独歩が
最期の日々を過ごしたのが、
ここ茅ヶ崎です。

独歩をめぐる建物や場所。
独歩をめぐる人々。

明治から現代まで、
さまざまな角度から
文豪と地域の魅力に迫ります。

デジタルアーカイブ「独歩と南湖院」

約100年前、独歩の滞在したころの南湖院が、ビジュアルに甦ります。

かつての南湖院を撮影した貴重な写真のほか、今回新たにデジタル化した独歩と同時代の「南湖院絵はがき」の数々をご紹介します。

トピックス

 

全国 独歩の足跡

資料館