HOME
遊行の盆紹介 08年 イベント概要 2日目日の様子
全国盆踊り
初日レポート 盆踊りのふるさと藤沢TOP
第3回「藤沢宿・遊行の盆」開幕!
遊行ばやしコンテスト、皆の趣向を凝らした踊りで盛りあがり。


25日の様子
動画 
ファミリー通り遊行ばやし
盆踊りコンテスト
みんなでの踊り
西馬音内盆踊り


今年もやってきた、遊行の盆!
7月25日(金)、第3回藤沢宿・遊行の盆が開幕。炎天下のサンパール広場では、まちかど音楽祭に引き続き15時過ぎからフラのお披露目。とにかく暑く、水撒きなどして、ようやくスタートできました。しかし、この暑さにもめげないパワーが、フラ躍進の原動力だったかもしれません。

フラに続き、遊行ばやしにのって始まったのが、浴衣コンテスト。遊行の盆で浴衣をきたことがきっかけで着付けを習ったという方もいらっしゃり、盆踊りが浴衣の魅力を知る上でも一役かったようです。ここで、まず、フラチーム、1位2位を受賞。

17時から、ファミリー通りでは、生歌・生囃子による遊行ばやしが踊られました。以前、藤沢市の民謡民舞研究発表大会で、冨田房枝さんが舞台で演じたのを聞いたことがありましたが、屋外でみるのは初めて。和楽器中心の音は、伝統の盆踊りに近い響きがとても魅力的でした。このスタイルで踊られる機会も、時々、あると嬉しいなと感じます。

天気予報では、夕方くらいから激しい雨が予測されており、空模様がとても気になっていましたが、
18時半、天候に恵まれた状態で、本日のメイン、遊行ばやしコンテストが始まりました。

特別参加の市議会議員連をスタートに、21団体がコンテストに参加。遊行通りの北から南へ次々と流し踊りが続いていきます。小道具を使ったおどり、踊りのフォーメーションの工夫、仮装、掛け声、など、思った以上にそれぞれの連が工夫を凝らしていることに驚きました。正直いって、20もみたら、飽きてしまうだろうと思っていましたが、1時間はあっという間。皆さん、本当にありがとうございました。

19時半からは、秋田より3年連続で登場の西馬音内盆踊り。本場でもこのような通りで行われる踊りなので、これまでのステージと比べても、よりその雰囲気の本領が見られたような気がします。

コンテストの結果は、20時10分ごろ発表となり、フラチームで編成された、来海組が最優秀となりました。市民による覆面審査の結果です。しかし、コンテストの結果のみに一喜一憂するのは、盆踊りの心にはそぐわないと思います。踊る人も見る人もみんなで楽しむのが、盆踊り。それぞれチームそれぞれがよかったのももちろんですが、会場全体の雰囲気や、踊りのエネルギー、すべてのチームの協力で作りあげられたものだと思います。

踊り手側には、老若男女が集い、踊りが皆のものになりつつあると感じたのですが、観衆は年配の方が中心。お年をめした方でも楽しめるところが盆踊りのよいところなのですが、若い方にもみていただきたいし、そういった広がりが今後の課題かと考えます。

いずれにしても、年々市民に近づいていっていることは素晴らしく、主催者、裏方で支えてくださった方々にも感謝したいと思います。

そして、遊行の盆が始めて街、通りに出たこともとても重要な要素だったと考えます。

北口遊行通りと南口ファミリー通り、一見ただの商店街にみえますが、実はこの2つの通りに共通する
ことがあります。いずれも、江戸時代以来の「江ノ島道」旧道が元だということです。江ノ島道は、遊行寺の橋の前あたりで、東海道と分岐し、藤沢宿と江ノ島を結んでいました。現在でも、江ノ島道跡をたどって藤沢から江ノ島に散歩することも可能です。細くうねった形が旧道をしのばせます。
江ノ島道については、こちらをご参照ください。

わたしゃ江ノ島 浜風そだち
潮の満ち干で 恋を知る
片瀬船頭とキンピラゴボウ
色は黒いが 味がよい
相州片瀬の 戻りの松は
松は枯れても 名を残す
大山帰りの 菅笠かしげ
あの娘いるかと またのぞく
逢いはせぬかよ 東海道で
一夜どまりの 旅の人
明日はお立ちか お名残り惜しや
笠に涙の 雨が降る

遊行ばやしの一節。江ノ島〜東海道のことがうたいこまれています。
この中に出る、西行戻りの松は江ノ島道にあり、そして、その近くには、一遍上人が踊り念仏を行った
といわれる片瀬地蔵堂あとがあります。ちなみに、大山道は、現在の四谷交差点そばに分岐点が
あり、今でも鳥居が残っています。遊行通りにある庚申堂は江ノ島方面から藤沢を訪れた若き日の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が訪れた場所でもあります。(小泉八雲 日本瞥見記より)

遊行寺のいろは坂を下った江戸の人たちは、江ノ島道、つまり現在の遊行通り、ファミリー通りを経て
江ノ島に向かったともいえます。26日に流し踊りが行われるいろは坂とこの日の通りは、そういった
縁でつながっているのです。それは、一遍の地蔵堂跡と遊行寺を結ぶ道でもあります。

遊行ばやしが藤沢の風物で編まれた踊りであること、そして踊り念仏をゆかりにして作られた遊行
の盆、その踊りが今回の2つの通りに出たことは、そんな大きな意味合いも含まれていると、私達
は感じました。

遊行の盆、明日は遊行寺を舞台とした、ステージが行われ、いろは坂を下る越中おわらも登場します。どんな様子になるか、とても楽しみです。



炎天下でのフラ。あまりに暑いため
地面に水まき。これが賞を次々獲得のフラ
チームデー?の幕開けだった。

踊りゆかたコンテスト。フラ
チームが上位を獲得。

ファミリー通りでは、生歌での
湘南藤沢遊行踊りで魅了。

本日のメイン、遊行ばやし
コンテスト。

みんな本当にそれぞれが
工夫を凝らしていました。

優勝は、フラメンバー
で構成された来海組。すばらしい
おどりありがとうございました。

西馬音内盆踊り登場。いつ見ても
ため息がでる巧さ。

通り一杯に皆で遊行ばやし
を踊りました、感無量。
遊行の盆紹介 08年
ガイド
紀行
盆踊りを楽しむ
雰囲気
文化
踊り
ファッション
音楽
盆踊り情報
データベース
用語辞典
リンク集
資料集
ギャラリー
盆踊りの知識
枠組み
歴史
音楽文化
お盆入門
このページはリンクフリーです。Copyright (c)2002 bonodori.net
E-mail info@bonodori.net