HOME
盆踊りのふるさと藤沢TOP
全国盆踊り
江ノ島道を行く
江ノ島は、江戸時代も観光地。江戸より、金沢八景、鎌倉とあわせて行楽に訪れる人がたえなかったそうです。遊行寺前から東海道をわかれて、江ノ島に向っていた道が江ノ島道。舗装されてはいますが、道筋は今でも健在です。
江ノ島道スポット
遊行寺〜北口
南口〜江ノ島

場所 解説
砥上公園の庚申 砥上公園には、庚申をはじめいくかの石碑があり、ここが古道沿いにあったことが、よくわかります。
蓮池 蓮池は、江ノ島道から少し外れた、江ノ電柳小路駅そば。昔、境川が蛇行し、川側が湿地帯だったときの名残の場所で、藤沢南部の昔の姿をしのばせます。
馬喰橋 源頼朝が、橋のない川に馬の鞍をかけてわたったという伝説が残る橋です。
諏訪神社上社 諏訪神社は全国に沢山ありますが、ここは、信州諏訪大社を初めて他郷に勧請したものといわれ、創立は平安に遡る由緒正しいところです。
西行戻り松 鎌倉を訪れる前の西行法師が、枝ぶりにみとれて西にねじまげたという伝説があります。現在の松は当事のものから数代目のもの。
一遍上人地蔵堂 鎌倉に入ることを拒まれた一遍上人が、片瀬の浜で踊り念仏をした、その跡といわれています。今は浜とは程遠いですが、当事は砂浜が広く、海岸線も違ったようです。
すばな通りの江ノ島道標 江ノ電江ノ島駅の先、島側に進むと両脇に商店がならぶ「すばな通り」昔の道の面影が感じられます。道脇に道標もあります。

江ノ島島内

場所・名産 解説
江ノ島神社参道 橋をわたり鳥居から先が参道。両脇にみやげ物屋がならぶさまは、昔からかわらないのでしょう。
一遍上人の島井戸 江ノ島内の一遍伝説として、一遍が島民のために掘ったという井戸が残っています。
貝細工 貝細工は江戸時代から江ノ島土産の代表。明治初期に訪れた小泉八雲も江ノ島を「青貝の都」と評しました。

江戸からの物見遊山の地

江戸時代、物見遊山の旅人の多くが、金沢八景、鎌倉、江ノ島をセットでまわって江戸に戻ったようです。保土ヶ谷から金沢にまわり、朝比奈切通しから鎌倉に入り、江ノ島に抜け、江ノ島道をとおって、藤沢宿に入る、そんなルートでした。金沢八景は、現在は埋め立てにより、当事の姿を想像することも難しい状況ですが、入り組んだ入江と島はまさに絶景だったといいます。鎌倉は現在も古都として人気ですが、江戸期も観光地。3つの場所を巡り、おおよそ3泊4日くらいでしょうか。


場所 解説
金沢文庫 称名寺の浄土式庭園 鎌倉時代、北条氏ゆかりの場所。金沢八景の中では、称名の晩鐘として、描かれています。今も浄土式庭園のたたずまいには心が静まります。
金沢八景 琵琶島からの風景 今は、すっかり風景もかわっていますが、金沢八景の瀬戸の秋月で有名の場所です。
鎌倉 鶴岡八幡宮 鎌倉の見所は書ききれませんが、江戸時代の見物では、鶴岡八幡宮が、まず第一に欠かせないポイントだったようです。
ガイド
紀行
盆踊りを楽しむ
雰囲気
文化
踊り
ファッション
音楽
盆踊り情報
データベース
用語辞典
リンク集
資料集
ギャラリー
盆踊りの知識
枠組み
歴史
音楽文化
お盆入門
このページはリンクフリーです。Copyright (c)2002 bonodori.net