HOME
全国盆踊り
湘南藤沢 遊行おどりについてTOP
6.わらべ盆詩 
   〜謎かけ歌を題材にしたちょっと不思議な子ども踊り〜

原歌詞  :寺山修司
歌詞・踊り監修 : 白石 征
作   曲 : J.A.シーザー 
振   付 : 斎藤 千雪
演奏時間 :4分18秒

「遊行の盆」での動画映像

わらべ盆詩
◆解説
子ども踊りのうち「セリアイ」以外の2曲は、寺山修司訳の「マザーグース」に取材したもの。盆踊りの未来を考える実験的な創作踊りとなりました。

「誰が殺した、駒鳥を」。すこしショッキングな謎かけから歌が始まります。2番以降、動物達が次々と登場して証言をしていくという歌ですが、真相は"藪の中"。でも、こうした不可思議さや意味不明さは、昔ばなしや伝承わらべ歌の特徴でもあるのです。盆踊りとして踊ってみると、ちょっと不思議な効果をかもしだして、独特の魅力があります。

振りは、鳥の動きを連想するような、表情ゆたかでかわいらしい動きです。
◆歌詞
一、 だれが殺した 駒鳥を
わたしがやったと 雀が言った
わたしが弓矢で 殺したの
二、 だれが見ていた 駒鳥を
わたしが見てたと 野鼠が言った
わたしが死ぬのを 見とどけた
三、 だれが掘るのさ 墓穴を
わたしが掘ると 梟が言った
鋤とシャベルで 穴掘ろう
以下省略
(歌詞解説)
・形式は7・5の4句形式。発句の謎かけに次々と応えていく形式は、ある意味盆踊りにおける伝統的な「数え歌」の系譜でもあります。

(1番)寺山訳と双璧をなす谷川俊太郎訳マザーグースでは、「誰が殺した クックロビン」で、奇しくも寺山と同じ7・5調。そして30年前、当時のアニメ「パタリロ」ではこの寺山訳を使ったアニメ主題歌系盆踊り唄「クックロビン音頭」が作られた。なぜか盆踊りと縁の深い歌詞。

◆踊りの風景

(06.07.23 遊行の盆2日目)

 (06.07.23 遊行の盆2日目)

ガイド
紀行
盆踊りを楽しむ
雰囲気
文化
踊り
ファッション
音楽
盆踊り情報
データベース
用語辞典
リンク集
資料集
ギャラリー
盆踊りの知識
枠組み
歴史
音楽文化
お盆入門
このページはリンクフリーです。Copyright (c)2002 bonodori.net