HOME
←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→
全国盆踊り
盆踊り紀行’2000 盆踊り紀行TOP
8月15日  「郡上踊り」(ぐじょうおどり) その1
白鳥町朝の風景
8月15日、火曜日。
盆踊りツアー第2日目です。

朝御飯を食べに食堂へ向かうと、中では何やら家族会議中の様子。きのう従業員と思っていたのは、実は家族の方たちでした。お盆の書き入れ時はゆっくりすることもできない、家族経営のたいへんさが伝わってきます。

それでも親切なご主人は、クルマの無いわれわれを乗せて白鳥町内をぐるっと回ってくれました。

奥美濃大橋から下をのぞいたご主人。「今年の長良川は水量が少なくてね…」この時期がシーズンの名物アユ漁(友釣り)も、かなり不漁だと教えてくれました。
物産センター
は、地場の木綿染め製品や木工品など、手づくり風のすてきなおみやげが並びます。ここで夏休みの必需品「麦わら帽子」を購入。地図や白鳥踊りのパンフも手に入れ、さいごは白鳥町立図書館まで送ってもらいました。

ご主人、どうもありがとうございました!

和風建築の味噌屋さん

夏空の広がる白鳥駅付近
涼しい図書館で、夏休みの宿題の子どもたちに混じって盆踊り関係の文書漁り。大量の文書を持って司書さんに事情を話すと、こころよく館外でのコピーを許可してくれました。(司書さん、どうもありがとうございました!) 
白鳥踊り関係の新しい情報もいろいろ仕入れて、ホームページのイメージもふくらんできます。



コピーがてら白鳥の町を散策。きのうの踊りの喧噪がうそのように、日中は静かな町中です。汗をかきつつ歩いていると、造り味噌のお店など、古い建物をいくつも見かけました。

お昼前前にはふたたび長良川鉄道に乗って、郡上八幡へ。
きょうもいい天気!

今年もきたよ郡上八幡
郡上八幡に戻り、駅でことしの「おどり日程表」を入手。


駅前からなつかしい町並みをぶらぶら歩き。新栄町、今町を抜け、役場前の広場へと向かいます。
道沿いの家々の前には、季節の草花が飾られ、軒先に提灯を吊している家もあります。

栄町近くの牛乳屋さんで、竹のベンチに座って郡上牛乳をぐっと飲む。なつかしい夏の郡上にまたかえってきたという気持ちが、すこしづつわいてきました。

今年も来たよ、郡上八幡!

家の間口には季節の草花

今年も来たよ
夏の風物詩・吉田川の飛び込み
さてもうそろそろお昼です。

かねて目をつけていた吉田川べりの料理店「新橋亭」(しんきょうてい)ののれんをくぐりました。ここはやはり、名物とれたてのアユ定食が正しい選択でしょう。もちろん、ビールは必要です。

アユをサカナに、ぐっと一杯。
そろそろ石光・柳田とも、かなり夏休みモード入ってきました! 
新橋亭は名のごとく、清流吉田川に面した絶好のロケーション。
店内の窓からは、郡上の風物詩としてすっかり有名になった、川に飛び込む子どもたちのすがたを、ビール片手にバッチリ楽しめます。
水は碧く、川べりにはあざやかな緑。泳いでいる子どもたちはほんとうに気持ちよさそう。下流には、川遊びに興じる家族連れの姿も見えます。

いやあ、日本の夏休みですなぁ!

さあ、飛び込むよ!

橋の下は、気持ちよさそう

真夏の吉田川
(新橋亭内から)
踊り浴衣を調達
井川こみち、やなか水のこみちと、なつかしい郡上八幡の町並みを一回りしました。
最後に立ち寄ったのが、上日の出町の「石山呉服店」。
おかみの案内で、さっそく2階へ。ここで、踊り浴衣を貸してくれるのです。

和服に自信のない人も大丈夫。おかみが上手に見立ててくれるので、安心して借りられます。 はじめて本格踊り浴衣を借りてから、かならず郡上に来たときはここに立ち寄ることにしています。
(ちなみに浴衣は女の子だけではないですよ。男性も、郡上踊りを踊るときにちゃんとした浴衣を着て踊っていると、気分がまるで違います。ぜひ、お試しあれ!)。
2000年の踊り浴衣は、こんな感じ。
そろそろ日が傾くころ、橋本町でタクシーをひろって「郡上八幡温泉ホテル宝泉」へ。
日程の関係で、郡上での泊まりはいつもここ。いわば定宿です。
長良川沿いの気持ちのよい露天風呂で汗を流し、踊りのそなえて部屋で一息いれました。
←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→

ガイド
紀行
盆踊りを楽しむ
雰囲気
文化
踊り
ファッション
音楽
盆踊り情報
データベース
用語辞典
リンク集
資料集
ギャラリー
盆踊りの知識
枠組み
歴史
音楽文化
お盆入門
このページはリンクフリーです。Copyright (c)2002 bonodori.net