HOME
←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→
全国盆踊り
盆踊り紀行’2000 盆踊り紀行TOP
8月16日  「新野盆踊り」(にいのぼんおどり)  その1
クルマのない取材班
さて、8月16日。
きょうは今回のツアー最大の目玉「新野(にいの)盆踊り」です。

ただし、この新野へ辿り着くのが実は一仕事。
車なら郡上八幡から山をこえて数時間ですが、ここで「2人ともクルマなし」という、かなり大きなハンデが。
いったん長良川鉄道で美濃太田に戻り、岐阜・名古屋・豊橋を経由し、有名なローカル線「飯田線」で天竜川沿いに北上するしかありません。

「レールがつながっているなら着くだろう」程度に考えていた柳田の認識の甘さに気がついた石光。、時刻表を駆使して組み立てたタイムスケジュールは

              「8:30に郡上八幡を出て、夕方新野到着が6:00」

というもの。文字通り1日がかりの、壮絶なローカル線の旅です。
しかも飯田線途中駅では待ち合わせが2時間もありながら、新野行きのバスは午後5:00発で終わりのため、途中どの接続に失敗しても、その日のうちに新野につけません。

2日連続の徹夜踊り明けには、かなりきびしいスケジュールとなりそうです。

静かな朝の宗祇水
早々に朝飯を済ませると、郡上の町を再訪。
石山呉服店に昨夜の踊り浴衣を返します。

あわただしい朝でしたが、やっぱり郡上に来た以上「宗祇水」は見ておきたいところ。朝の宗祇水は人も少なく、冷たい水がすがすがしい感じでした。

郡上八幡駅へ戻り、長良川鉄道の上りへ。この後車中はとうぜんながら爆睡状態です。
芸能の谷へ!
豊橋で降りて「飯田線」のホームへ向かいます。
空いている車内でゆうゆうボックス席を確保。駅弁とビールを持ち込むと、なかなかいい雰囲気になりました。ローカル線の旅を満喫できそうです。豊橋を出た電車は豊川沿いに北上し、一路天竜川をめざします。

芸能の谷」。
これから向かう天竜川沿いの一帯は、そう呼ばれることがあります。
このあたりは「三遠信(三河、遠江、信濃)地方」と呼ばれていますが、一名民俗芸能の吹き溜まりといわれるほど、さまざまな伝承芸能や文化が残されているところです。

長良川から天竜川へ。2つの異なる水系は、伝承文化圏もまた異なります。いったいそこには、どんなすごい盆踊りが待っているのか…? ビールを傾けながら、想像に期待がふくらみます。
ディープな長篠の歴史
時間調整のため、「本長篠」駅で途中下車。

今は静かな農村ですが、ここはかつて日本の歴史を大きく変えた武田勝頼vs織田徳川の「長篠の戦い」のあったところで、戦いにまつわる民俗芸能や伝承が数多く伝えられています。

駅の近くに鳳来寺町立「長篠城址史跡保存館」というのがあるようです。時間もたっぷりあるし、これはちょっと見逃せないところ。徒歩約10分ではありますが、お昼の強烈な太陽がこたえます。

資料館の中は文字通り「いくさ」の史料の一大集積。空気が重々しくよどみ、並べられた鎧甲や武器群が暑苦しさを増します。

衝撃的だったのが、長篠の戦いの前哨戦のヒーロー「鳥居強右衛門」(とりいすねえもん)の磔(はりつけ)の図。武田軍の長篠城包囲網を抜けて徳川との連絡に成功した鳥居強右衛門は、帰途運悪く武田方につかまります。彼は武田方をだまし、味方に援軍がくることをを報せてしまったので、怒った武田方に磔にされてしまいました。彼を描いた極彩色というか、ビビッドな色使いの絵は、当時の戦いがいかに凄惨だったか、また人々に鎮魂の必要性を感じさせたかをリアルに伝えているようでした。
天竜川・驚きの大自然
ふたたび本長篠駅へ戻り、さらに鈍行を乗り継ぎ。まったりとした時間が過ぎていきます。山間をぬって進む飯田線。
やがて左手の窓の外がひらけました。

天竜川です。

切り立った断崖をまいて、悠然と蛇行する見事な姿です。思わず車窓に寄ってシャッターを切ります。このあたりから、車中雄大な風景が次々と望まれ、すばらしい旅となりました。

水窪、佐久間といった民俗芸能で有名な土地をつぎつぎと通過して、ようやく目的の「温田(ぬくた)」という駅に着いたのは、すでに午後4:00。


降りたのはわれわれだけ。電車が行ってしまうと、そこは寂しい無人駅でした。
新野行きの終バスまで、ここでさらに一時間待ちです。
さすがに1日の長旅の疲れが出て、二人とも待合室で呆然として座っていました。

 車窓から望む天竜川

山間の無人駅・温田
そのとき。
突然、駅の入口付近に大きな虫が現れました。
しばらくその場でホバリングしたあと、猛スピードで突入!頭上のガラスにぶつかり、目を回して落っこちてきました。
びっくりして見ると、これが羽根わたり20cmはあろうかという巨大な「オニヤンマ」。

天竜川の巨大オニヤンマ!
「オニヤンマはスピードがきわめて速いため、仮に捕虫網でつかまえることができても、羽根がボロボロになってしまう」とは石光の解説。
生きたオニヤンマを手にするのが一生の夢だったという石光の夢が、予期せずあっさりかなうことに。記念撮影したあと「リリース」しました。

待合室を出て少し行くと、すぐ目の前に天竜川がひらけています。
橋の上から望むと、夕方の光の中でそれこそ無数のトンボが川面を飛んでいきます。
さすが天竜川の自然、ハンパじゃない。
←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→
ガイド
紀行
盆踊りを楽しむ
雰囲気
文化
踊り
ファッション
音楽
盆踊り情報
データベース
用語辞典
リンク集
資料集
ギャラリー
盆踊りの知識
枠組み
歴史
音楽文化
お盆入門
このページはリンクフリーです。Copyright (c)2002 bonodori.net