HOME
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→
全国盆踊り
盆踊り紀行’2000 盆踊り紀行TOP
8月14日  「白鳥盆踊り」(しろとりぼんおどり)  その1
ローカル線の旅・長良川鉄道
8月14日、月曜日。
夏休み初日。
2000年の「盆踊りツアー」の始まりです。

小田原から東海道新幹線「こだま」で名古屋に出た石光・柳田。名古屋でお茶と弁当を買い込み、特急に乗り換え。美濃太田駅へは、お昼過ぎに到着しました。

美濃太田は3セク「長良川鉄道」の始発駅。われわれのツアーの、事実上の出発点です。

長良川鉄道は、かつて国鉄時代には「越美南線(えつみなんせん)」という風雅な名前でした。ちなみに幻の越美北線は、福井県に抜ける計画だったそうです。いまでも沿線の郡上八幡駅には小さな鉄道ミュージアムがあり、往事を彷彿とさせる鉄道グッズの数々を見学することができます。
地域の人々に愛される越美泉は、盆踊り歌にもちゃんと詠み込まれていました。

そのみなかみの 越美線 
郡上のはちまん 名にし負う
 
        (郡上踊り「まつさか」歌詞より)

車窓から。外は暑そう… 


郡上八幡駅でのんびり一休み。
さて美濃太田を出発。
ここから先は、まるでバスのような長良川鉄道で、昼下がりの田舎の風景の中をゆっくりと進んでいきます。

真夏の車内は、いつもながらすこし蒸し暑く、ぼーっとしながら長い時間が過ぎていきます。カラダは前日までの仕事のリズムをひきずっていて、まだ夏休みのリズムがつかめず、ちょっと息苦しい感じのするひとときです。


関市を過ぎてしばらくいくと、深い緑色の美しい長良川が現れます。
この後鉄道は、川と交差と平行を繰り返しながら、次第に北上していきます。

郡上八幡
駅付近の、美しい山と川をぬって進む風景はまさに別天地。「理想の夏休み」を過ごすなら、こんなところ…といつも感じさせられます。

源流の里「美濃白鳥」に到着
午後3:00。
のんびりした長良川鉄道も終点に近い「美濃白鳥駅」に、ようやく到着しました。

改札を出ると、駅前広場には気持ちのよい夏空が広がっていました。上空には、色とりどりの吹き流しが風にひるがえっていて、きょうが徹夜踊りのまつりの日であることがわかります。


 「ここらが今晩の会場みたいだね」と、さっそく白鳥駅前付近をひとめぐり。落ち着いた感じで、歴史を感じさせる建物がそこここにあります。

地元書店に飛び込んで、白鳥踊り関係の資料あさり。
ふと聞こえてきたのは「きょう、踊りにいく?」「うーん、さいきんの若い子の踊りはちょっとね」という、大学生風のふたりの会話。帰省した若者同士でしょうか。徹夜踊りのきょうは、街もなんだか少しそわそわしているかんじでした。

ようやく美濃白鳥駅に到着。

たくさんの吹き流しが歓迎
夕方の光の中を駅にもどり、タクシーで本日のやどへ。白鳥踊りを見に来たと水を向けると、さすがは踊りどころ。運ちゃんから「踊り覚えるなら足からね」と、さっそく踊り指導が入ります。

民宿いよじ」は、われわれとそう年のかわらない若主人が始めた、まだ新しい感じの宿。

本館1Fの料理店も兼ねた食堂で夕食をいただきました。カウンターの中ではご主人が包丁をふるってくれて、おいしいものをいろいろと出してくれます。
脇の広間の方は、飛び込みの学生集団や家族連れで大賑わい。みんな徹夜踊りの前の興奮状態といったところでしょうか。若い従業員さんはてんてこ舞いですが、年輩の方ははやくもたびれ気味の様子で、ご主人も客さばきにはけっこう苦労しているようでした。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→

ガイド
紀行
盆踊りを楽しむ
雰囲気
文化
踊り
ファッション
音楽
盆踊り情報
データベース
用語辞典
リンク集
資料集
ギャラリー
盆踊りの知識
枠組み
歴史
音楽文化
お盆入門
このページはリンクフリーです。Copyright (c)2002 bonodori.net